ドレス選びをしよう!

年齢を重ねるごとに、結婚式に呼ばれるようになったり、自分自身が結婚式をすることになることもあると思います。
結婚式は、人それぞれがこだわりのドレスを身につけたり、演出や空間づくりにもこだわりをもって、行われることがあります。
私も友人や親せきなどの結婚式に招待されたことが何度もあり、それぞれが違った結婚式を開いていることに、とてもロマンチックな印象を受けました。
結婚式の後は、二次会が行われることが多いです。
二次会の時にも、ドレスにこだわることが大切だと思います。
どの結婚式も、ウェディングドレスにこだわっている方々が多いと思いますが。
二次会の時にも、ウェディングドレスを着て、出かけることができる方法があるんですよ。
私の友人が結婚式を終えた後、二次会に行くために、着替えを始めたのですが、ウェディングドレスのパーツを一つ一つ外していき、あっという間に、二次会に行くためのドレスに変身させていました。
これなら、着替えの手間を省くことができますし、結婚式が終わっても、パーティーなどで着続けることができるので、ウェディングドレスを使わずにタンスにしまったままにしておく、もったいない状態も防ぐことができると感じました。
皆さんもぜひ、結婚式と二次会のドレス選びについて、改めて考えてみてください。

結婚式披露宴が終わったあとの二次会の設定は・・・

厳粛な結婚式が滞りなく終わり、ホットな披露宴も無事終わったあと、さて二次会をどうしょうか カラオケで盛り上がるか 静かな雰囲気で飲みなおすか 迷うところではありますそもそも二次会は親しい人たちが集まり、新郎・新婦を肴に飲みなおす所かとおもいます新郎新婦の同僚達の二次会はカラオケが多いようですまた新郎新婦の親戚の二次会は静かな雰囲気で交流を深めるのがいいでしょう結婚式が終わり、披露宴が終わり、ほっとしたところで両家の親族が集まり酒を酌み交しながら仲良く語り合うのもまたよきかなとおもいますそれによって両家の交流が深まれば後々二人にとっても良い事ではないでしょうか昔は結婚式のあと親戚や近所の人たちが集まって二日も三日もドンチャン騒ぎをすることが多かったと聞いています今でも地方によってはそのような風習が残っているようです二次会のあり方も年々変わってきているのかもしれませんがやはり必要ではないでしょうか二次会で揉めるという話もたまに聞きますが、なるべく和気あいあいで新郎新婦を祝ってやってほしいものです